ロゴ

色あせを感じたら!外壁塗装を業者に依頼しよう

>レポート>外壁塗装は建物を長持ちさせる☆色あせしていたら依頼しよう

外壁塗装は建物を長持ちさせる☆色あせしていたら依頼しよう

一軒家

外壁塗装を依頼するタイミング

建物の外壁塗装は、一定の期間で塗り直しが必要となるのはご存知の通り。塗り直しのタイミングは、その建物がある土地や地域の気候や条件によって異なりますが、目安としては10年と言われています。八尾の一般的な家屋であっても、日夜風雨にさらされ、紫外線を浴び続ける外壁は常に大きな負担を強いられています。建物を長く持たせるコツは、そうやって頑張ってくれている外壁を、定期的にきちんとメンテナンスしてあげることです。塗り替えは、家の美観を維持するのと同時に、耐用年数を延ばすことにもつながります。細かい傷みなどは気づきにくいかもしれませんが、色があせて来たなと感じたら、業者に依頼するタイミングでしょう。カビやさびが出て来たり、腐食している部分があったりすれば、すぐにでも塗り替えを依頼しましょう。

刷毛

業者によって異なる外壁塗装の種類

外壁塗装にも種類があり、時代と共に技術も進化しています。使われる塗料によって耐久年数も大きく変わりますが、やはり良い塗料は価格も高くなりますので、予算とのバランスが必要です。今まで一番人気だった塗料はシリコンで、耐久年数は約12〜15年と言われるものです。その上はフッソで、耐久年数はダントツの15〜20年ですが、かなり高価なためなかなか手が出ないグレードですね。そこに新しく登場したのがラジカル塗料で、耐久年数は14〜16年、ちょうどシリコンとフッソの間を埋めるグレードです。性能が高い最新塗料で価格もこなれていますが、対応しているかどうかは八尾の業者に確認してみると良いでしょう。現在2大人気となっています。