塗料の性質

外壁塗装で使う塗料にもいくつかの種類があります。それぞれ効果も違えば、価格も異なるため塗料選びもしっかりと行なう必要があるのです。塗料の種類と特徴を紹介していますので、外壁塗装時に役立てましょう。

外壁塗装で利用される塗料の種類

塗装

アクリル塗料

塗料の中では一番安価で利用できる種類になっています。しかし耐久性が他の塗料に比べて落ちているため、塗り替え頻度はどうしても多くなります。定期的に新しい塗料に塗り替え、費用の安い物を利用したいという方にオススメ出来る塗料と言えますね。

シリコン塗料

コストパフォーマンスに優れている塗料になっています。耐久性と価格に優れているため、一般的な外壁塗装にはシリコン塗料が利用されることが多いとされているのです。艶やカラーなどのバリエーションも豊富という所もシリコン塗料の魅力と言えるでしょう。

ラジカル制御型塗料

塗料の成分が太陽光を吸収することによって塗膜の劣化を発生させてしまうのですが、このラジカル制御型塗料は太陽光の吸収を制御出来る性質を持っています。価格もシリコン塗料と同額になっているケースが多いですが、新しく開発された塗料なのでそこまで多くは普及されていません。

フッ素塗料

フッ素塗料は汚れを弾きやすく、酸性雨に強いという性質があります。シリコン塗料よりも耐久性が優れているため価格は高額になりやすいです。そのため外壁塗装では屋根だけフッ素塗料を利用するという方法がよく行なわれているようですね。

無機物塗料

塗料の劣化の主な原因は塗料に含まれる有機物が紫外線に反応することとされています。無機物塗料は塗料に無機物を利用することによって、紫外線に反応をさせないようにし劣化を防ぐという役目を持った塗料になっています。無機物塗料は無機物の含有量の割合が重要となるので、利用する際はしっかりと確認しましょう。

外観だけではない

外壁塗装を行なうことで外観を綺麗にすることが出来ますが、夏場の暑い日差しから熱を遮断してくれますし、雨風が強い時に飛んでくるゴミやチリなどの汚れを落としやすくしてくれます。塗料によって効果も違うのできちんと選んでいきましょう。

外壁塗装のメリット!見た目以上の働きに感動すること間違いなし

刷毛

見た目を整える

家も長年住み続けると様々な場所が劣化していきます。一番目につきやすい場所としては外壁が多いでしょう。ひび割れや色あせなどは築10数年の建物に見られる症状となっており、これらを放置しておくことで雨漏りや耐久性低下などのより深刻な問題が発生してしまうのです。外壁塗装を行なうことでひび割れや色あせの症状を改善させるだけでなく、耐熱や防水効果で建物の寿命を延ばすことが出来るようになりますよ。

[PR]
土浦市で外壁塗装業者を利用しよう
人気店へ相談すべし!

[PR]
宇治市で屋根修理業者を利用しよう
人気の高い店舗を厳選リサーチ♪

[PR]
外壁塗装の施工費用を抑えよう
人気の高い業者をピックアップ☆

[PR]
外壁塗装業者を厳選公開☆
対応価格が良心的☆